Euler Hermes > 取引信用保険 > 当社の専門領域 > 取引信用保険とは何ですか?

 

 

 

取引信用保険は、お客様のお取引先の倒産または支払い債務の不履行によるお客様のリスクを回避し、万一損害が発生した場合には、その損害を補償するための保険です。取引信用保険は、お客様の取引のおける信用危険・非常危険(政治的危険)を含む債権管理を確実なものとします。

 

支払遅延・不良債権から生じた損害を取引信用保険によって補償する一方、究極の目標はお客様が多大な損害を回避し、ビジネスを拡大するお手伝いをすることです。重要な点は、お客様の与信判断に対し、 企業や部門、経済動向に関する情報を提供し、お客様の損害を最小限にすることです。
 

取引先に関する不十分な情報が不払の原因  


 
未回収債権は企業資産の最大35%にのぼり、お取引先が債務を支払うことが出来なくなった場合、多大な損害につながる恐れがあります。支払遅延等の債務不履行の多くは、お取引先の支払い能力に関する不十分な情報が原因となっています。

当社は、お客様のお取引先の支払遅延と不良債権化を回避し、また損害額を最小化するために、お客様が正しいお取引先やマーケットを選択し、適切な与信限度額を設定することが出来るようにお手伝いします。その結果として、リスクが高いと思われている既存のお取引先の信用力が高まり、また新規のお取引先との取引を安心して行って頂くことができます。もしお取引先にて支払遅延が発生した場合、当社はお客様の保険対象となる債権に対し保険金をお支払いし、債権回収をサポートします。

お客様の債権が保全されていない場合、取引信用保険は大きなメリットがあります。様々な業種及び様々な規模の企業が当社のお客様と成り得ます。サービスや商品を取り扱うほとんどの企業が取引信用保険を使用しています。


取引信用保険の一例


もし企業の利益率が5%で、ある取引先に対する損失が10万ドルだった場合、企業は損失分を補填ために、200万ドルの売上が必要となります。 

取引信用保険は、お客様の売掛債権を管理し、支払遅延が発生した場合に補償いたします。キャッシュフローの損失は企業にとっては大打撃となり、不良債権はお客様の会社にダメージとなるとともに、その投資機能を低下させます。

​​​​​​​